過去記事一覧 | 松戸駅1分の高島司法書士事務所(千葉県松戸市)

過去記事一覧 : 松戸駅1分の高島司法書士事務所では、ホームページをご覧くださった個人のお客様からのご依頼を大切にしています。不動産登記(相続、遺贈、生前贈与、財産分与)のほか、遺産相続や遺言、家庭裁判所の手続きを得意としています。

過去記事一覧

千葉県松戸市の高島司法書士事務所ウェブサイトのブログ過去記事などへのリンクです。一部内容が古くなっているものもあるのでご注意ください。

松戸の高島司法書士事務所ウェブサイトの総合案内は、ウェブサイトの総合案内をご覧ください。

よくある質問(相続関連)

夫の遺産を全て妻が相続するには(子の相続放棄?)

前妻との子がいる場合の生前贈与

祖父名義の土地を孫が相続できるか

婿養子の義父母に対する相続権

遺産分割協議前に相続人が死亡した場合

嫁に行ったら遺産相続権は無くなるのか

甥(姪)に全ての遺産を相続させる遺言

嫁は義父の遺産を相続できるのか

義父の遺産相続の割合など(遺産分割協議)

祖父名義の土地の名義変更(数次相続)

相続放棄の期限(父母の場合)

親の離婚と遺産相続権

兄弟姉妹の遺産の相続権

過去のブログ記事など

行方不明の相続人がいる場合の遺産相続手続き

父の後妻の相続人は誰なのか

子どもがいない夫婦の相続

相続放棄するとお墓はどうなるのか

前妻との間に子供がいる場合の相続手続きの注意点

遺産分割協議と相続放棄は違います

遺産分割協議書に捨て印(訂正印)を押すべきか

亡くなった不動産共有者に、相続人がいない場合

離婚して縁が切れても子どもの相続権は残る

相続放棄の期限(相続開始を知らずに3ヶ月が経過)

法定相続人となるのは誰か?

法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など

相続登記の流れと必要書類

法定相続人の確定に必要な戸籍謄本など

遺産分割協議書の作成について

過去のブログ記事など(その2)

相続登記の必要書類(戸籍について)
司法書士など士業事務所のSEO対策
相続登記の手続きに期限はあるのか
夫の両親の遺産を、妻が相続する方法はあるのか
相続登記の相談で用意するもの(必要書類)
遺産分割協議と相続放棄は違います
相続放棄申述が受理されたら絶対に安心なのか
婚外子の相続分についての規定を削除する民法改正が実現へ
子供がいない夫婦の相続(誰が法定相続人なのか?)
抵当権抹消登記のご依頼について
不動産が遠くにある場合の相続登記
亡くなった不動産共有者に相続人がいない場合、誰に持分が帰属するのか
司法書士ブログの人気記事ランキング
相続登記は司法書士にご相談ください
相続税対策としての納税資金融資や土地売却支援
母になるなら、流山市
遺言書の検認(自筆証書遺言)
相続人に「差し上げる」と書かれた遺言の登記原因(相続か遺贈か?)
婚外子(非嫡出子)の相続分が嫡出子と同等に【民法改正について】

相続(不動産登記)

相続人に国籍を喪失した元日本人がいる場合の相続登記
被相続人の最後の住所が登記簿と違う場合(住所変更の要否)
相続分の譲渡と相続登記
共同相続登記の後に遺産分割協議が成立した場合
相続人による建物滅失の登記
抵当権抹消と相続登記
相続登記で事前に住所変更登記をすべきとき
相続登記における被相続人の住所について
遺産分割調停と相続登記
相続人中に認知症の方がいる場合の遺産分割協議
土地を換価分割する際の遺産分割協議
土地・建物の相続手続き(登記申請書・委任状の書式)
相続分の無きことの証明(特別受益証明)
相続登記のよくある質問(住所変更の要否等)
相続人へ不動産を遺贈すると書かれた遺言による登記原因
相続手続きに必要な戸籍の取り寄せ
わかりやすい相続登記(名義変更)
相続登記で遺産分割協議書が必要なとき
相続人中に海外在住者がいる場合の印鑑証明書(サイン証明)

過去記事(相続全般)

相続登記で必要な戸籍謄本について
お嫁に行ったら相続人では無くなるのか
龍ケ崎市,牛久市,取手市,守谷市の相続放棄
遺言書検認の必要書類
特別代理人選任申立の際の遺産分割協議書について
相続放棄と遺産分割協議は同じ?
寄与分とは
失踪宣告(相続手続き)
推定相続人の廃除
特別受益とは(相続手続き)
遺言執行者とは(相続手続き)
遺言書の検認とは
相続登記で必要な戸籍謄本について
実印、印鑑証明書とは
家庭裁判所での相続放棄申述手続きの方法
相続放棄できる期間
遺留分とその減殺請求について
遺留分減殺請求の方法と請求できる時期
松戸市の相続登記のご依頼なら
嫡出子と非嫡出子(相続分は同等)
代襲相続とは
未成年者がいる場合の遺産分割協議
法定相続人の相続分の決まり方

過去記事(贈与関連)

不動産の生前贈与登記
土地・家屋の名義変更(夫婦、親子間)

過去記事(相続放棄関連)

兄弟姉妹が相続放棄できる期間
直系尊属(父母)が相続放棄すると誰が相続人になるのか
遺産を相続しないための相続放棄
相続財産の処分に当たるかの判断
相続放棄で被相続人の本籍地や住所が不明なとき
被相続人の債務の支払いと相続放棄
時効援用後に相続放棄できるか
被相続人の債務は誰が引き継ぐのか
親の借金と相続放棄
相続放棄申述の必要書類
相続放棄申述受理証明書とは

過去記事(債務整理関連)

無職では任意整理できないのか
会社(勤務先)に知られず自己破産できるのか
住民票と現住所が違う場合の自己破産(個人再生)
小規模個人再生の特徴は
給与所得者等再生の特徴は
個人再生による最低弁済額
個人再生の清算価値保証原則
給与所得者等再生の可処分所得要件(最低弁済額)
個人民事再生の財産目録の記載
個人再生手続の必要期間

過去記事(コラムなど)

スタッフが書いたコラムに、司法書士がコメントを加えている形式の記事もあります。情報が古くなっているものもあるのでご注意ください。
遺言執行者は必ず指定するべきか
保険金請求権の相続性
本人が無権代理人を相続した場合
無権代理人が本人を共同相続
慰謝料請求権の相続性
死亡退職金の相続性
相続財産の範囲(被相続人の一身専属権とは)
相続財産はいつ相続人のものになるのか
遺産分割は相続開始時にさかのぼり効力を生ずる
遺産分割の方法
一人息子なら土地を処分できる?(遺産の共有関係)
日付のない遺言書は有効か
遺言書に書けること
身体が不自由な方の場合(遺言書の作成)
遺言における遺贈と相続の使い分け
公正証書遺言の作成について
秘密証書遺言の作成について
エンディングノートと遺言書の違い
遺言書に必要なのは?
婚外子と嫡出子の相続分
婚外子差別がどうして許されたのか
内縁の配偶者は相続人になる?
代襲相続とは何か
相続放棄、限定承認という選択肢
相続の開始要件について
遺言相続と法定相続
相続における配偶者の権利と遺留分
ペットに相続させる遺言はできる?(負担付遺贈)
相続人(胎児の相続権、相続欠格・排除)
代襲相続人とその相続分
法定相続分の決まり方
推定相続人の相続開始前の権利
内縁の妻(配偶者)は死亡退職金を受給できるか
家業を継いでいた場合(特別受益、寄与分)
遺言書の破棄、隠匿(相続人の欠格事由)
相続が始まるとき(被相続人の死亡、失踪宣告)
相続って何?(借金の相続にご注意)
相続人になれない場合(欠格事由・排除)

その他(未整理分)

遺産分割協議書は自分で作成できるのか
個人民事再生の財産目録の記載
祖父名義の土地を孫が相続できるか?
共同抵当権の抹消(所有者が異なる場合)

用語集

数次相続とは(相続登記)

相続放棄申述受理証明書とは

相続人の欠格事由とは

遺言書の検認とは

登記識別情報とは

相続関係説明図とは

登記事項証明書(登記簿謄本)とは

戸籍附票、改製原附票とは

熟慮期間とは(相続の承認・放棄)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません