不動産の生前贈与登記(登録免許税)

贈与とは、所有している財産を無償で譲り渡すことです。贈与は遺言によって行うこともできますが(遺贈)、生前に行うことももちろん可能です(生前贈与)。不動産を贈与し名義変更(贈与による所有権移転登記)をする際には、贈与を原因・・・

不動産の生前贈与登記

贈与とは、所有している財産を無償で譲り渡すことです。贈与は遺言によって行うこともできますが(遺贈)、生前に行うことももちろん可能です(生前贈与)。不動産を贈与し名義変更(贈与による所有権移転登記)をする際には、贈与を原因とする所有権移転登記をします。

法定相続人であるご家族に対しては、生前贈与によらなくとも、相続により遺産(不動産等)を引き継がせることができます。税金の面でも、相続税の方が贈与税より税率が低く、また、相続の場合には基礎控除の額が大きいため相続税がかかるケースが少なく、相続による方が有利なことが多いでしょう。それでも、相続によらず生前贈与を行うのは、自らの意志により確実に財産を引き継げるのが大きなメリットだといえます。

もちろん、遺言書により不動産等の遺産を誰に相続させるか指定することも可能です。しかし、遺言書に書いたことが絶対に実現されるとは限りませんし、遺言書の内容を巡って相続人間で争いが生じることもあります。

なお、遺言書を作る場合でも、公正証書では他人に内容を知られてしまいますし、自筆証書遺言や秘密証書遺言では内容を秘密にすることは出来ても、遺言書の存在は明らかにしておかないと、遺言の内容が実現されないおそれがあるので注意が必要です。

税金の面でも、夫婦間で居住用不動産を贈与したときの配偶者控除や、相続時精算課税を利用することで、贈与税がかからない場合もあります。また、相続税がかかることが予想される場合には、贈与税の基礎控除額(110万円)をうまく利用し、時間を掛けて少しずつ贈与していくことで、贈与税を負担することなく、相続税対策を行うことも考えられます。

不動産登記の登録免許税について

生前贈与や相続などにより、不動産の名義変更(所有権移転登記)をする際には、登録免許税という税金がかかります。不動産の生前贈与を検討する際には、登録免許税の負担についても知っておいた方が良いでしょう。

登録免許税は、不動産(土地、建物)の固定資産評価額に税率を乗じて計算します。税率は、相続による所有権移転の場合は1000分の4(0.4%)なのに対し、贈与では1000分の20(2%)と大きく違います。

固定資産評価額が1000万円だとすれば、相続では4万円ですが、贈与の場合には20万円もかかります。贈与税は特例を使うことにより負担を減らすことができますが、登録免許税にはそのような特例はありません。

登録免許税の計算方法については、相続登記の費用(登録免許税)のページでも詳しく解説しています。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません