相続登記(不動産の名義変更)は司法書士にご相談ください

不動産を所有されている方が亡くなられたときには、その名義変更手続きをします。この手続きのことを相続登記といいます。 相続登記は、不動産所在地を管轄する法務局でおこないます。たとえば、千葉県松戸市と流山市の不動産については・・・

相続登記(不動産の名義変更)は司法書士にご相談ください

shutterstock_63858769

不動産を所有されている方が亡くなられたときには、その名義変更手続きをします。この手続きのことを相続登記といいます。

相続登記は、不動産所在地を管轄する法務局でおこないます。たとえば、千葉県松戸市と流山市の不動産については、千葉地方法務局松戸支局の管轄です。

ご自分で法務局に行って相続登記をおこなうのも不可能ではありませんが、専門知識が必要な手続きですから、不動産登記の専門家である司法書士に頼むのが通常です。

司法書士と不動産登記

自宅を相続するときになって、司法書士に依頼しろといきなり言われても、困ってしまう方も多いかもしれません。

けれども、そもそも家やマンションなどを買ったときの登記も、司法書士が担当していたはずなのです。ただ、そのときは不動産会社や銀行が指定した司法書士を使っていたので、とくに意識することが無かったのです。

それが、相続登記をするときには、誰かがいつのまにかお膳立てをしてくれることはありません。そのため、ご自身で司法書士を探して依頼しなければならないわけです。

インターネットで検索してみると、相続の手続きをおこなう専門家といわれる人は数多くいます。どこで頼んだら良いのか余計に迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、相続登記についての唯一の専門家は司法書士です。

相続登記、遺産相続手続きのご相談は司法書士へ

司法書士に依頼すれば、相続登記だけで無く、その前準備も含めすべてを任せることができます。たとえば、多数の戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本の収集や、遺産分割協議書の作成などです。

相続人を確定させるための戸籍謄本等の収集や、遺産分割協議書の作成などを、単独で請け負うとの業務案内を見ることがあります。しかし、上記のとおり相続登記に必要な一切の手続きは司法書士にお任せいただけるので、事前に他の専門家(行政書士など)に依頼する必要は無いのです。この辺も、インターネット上の情報などを見ていると勘違いしてしまうこともあるでしょう。

結論として、遺産の中に不動産がある場合、まず相談すべきは司法書士です。もしも、相続税の申告などのため他の専門家が必要になったときには、税理士など適切な専門家をご紹介することもできます。

相続手続きは司法書士へ。ぜひ、覚えておいてください。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません