相続や不動産登記手続のご相談は千葉県松戸市の高島司法書士事務所へどうぞ

登記識別情報とは、所有権の保存・移転登記、抵当権の設定・移転登記などにより新たに登記名義人となる申請人に、登記所から通知される情報をいいます。登記識別情報が通知されるのは、平成17年3月7日に施行された新不動産登記法によりオンライン庁として指定された登記所で、登記申請手続きをしたときです。相続遺言手続きのご相談なら、千葉県松戸市の高島司法書士事務所へ。

登記識別情報とは – 相続・遺言の用語集

千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談は完全予約制ですご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。




(最終更新日:2022/03/11)

登記識別情報とは、所有権の保存・移転登記、抵当権の設定・移転登記などにより新たに登記名義人となる申請人に、登記所から通知される情報をいいます。

登記識別情報が通知されるのは、平成17年3月7日に施行された新不動産登記法によりオンライン庁として指定された登記所で、登記申請手続きをしたときです。

よって、新不動産登記法の施行前、また、施行後であってもオンライン庁として指定されていない登記所で登記申請手続きをした場合には、登記識別情報は存在せず、登記済証(いわゆる「権利証」のことです)が交付されています。

つまり、登記識別情報は従来の権利証に代わるものであり、登記識別情報が通知された場合には、権利証は最初から作成されていないわけです。

なお、現在では全国全ての登記所(法務局)がオンライン庁となっていますので、登記済証(権利証)が新たに発行されることは無く、全て登記識別情報が通知されています。

登記識別情報通知書の例

登記をオンライン申請した場合には、登記識別情報の通知もオンライン(データ)によるのが原則なのですが、現状では、書面(登記識別情報通知)の交付を受けるのが通常です(なお、書面申請の場合には必ず登記識別情報通知が交付されます)。

登記識別情報通知書は、A4サイズの薄い緑色の用紙で作成されます。具体的な様式は次のとおりです(説明用に作成したものなので現物と全く同じではありません)。

登記識別情報通知の例(松戸の高島司法書士事務所)

開封した後のイメージは次の通りですが、所有者ご自身が開封して中を確認する必要はありませんので、登記識別情報通知は開封せずに保管することを強くお勧めします

登記識別情報通知の例(開封後)(松戸の高島司法書士事務所)

登記識別情報について


登記識別情報はアラビア数字(算用数字)とその他の符号(アルファベット)の組み合わせで作成されている、不動産および登記名義人となった申請人ごとに定められる固有のものです。

用紙下部の「登記識別情報」との記載の下にある12個の四角の中に一文字ずつ記載されています(たとえば、「ABC-777-1DE-XYZ」のような具合です)。登記識別情報が記載されている箇所には封がされているため、開封しない限り見ることが出来ないようになっています。

登記識別情報が通知されるようになる前は、権利証(登記済証)が交付されていました。この権利証には、登記官によって「登記済」の印が押されており、それ自体が重要なものでした。つまり、登記済証は原本でなければ意味がなく、コピーを持っていても何の効力もありませんでした。

ところが、登記識別情報では、その通知書自体が大切なわけではなく、記載されている情報(登記識別情報)が重要です。登記識別情報を他人に知られると悪用される怖れがありますから、情報が見えないようにして保管することが必要です。

したがって、登記識別情報通知は封を開けることなく、そのままの状態で保管することを強くお勧めします。下記PDF文書による、登記識別情報通知についてのご案内もご覧ください。

・登記識別情報通知についてのご案内(高島司法書士事務所)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません