相続手続き(不動産登記、預貯金相続、相続放棄)相談は松戸市の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所は、2002年2月に千葉県松戸市で開業して以来、相続登記(相続による不動産の名義変更)をはじめとした遺産相続、および遺言に関する手続きを多数取り扱い豊富な経験と実績を有しています。

遺産相続手続き

司法書士は相続登記のほか、遺贈生前贈与などによる不動産登記(名義変更、所有権移転登記)の専門家です。また、相続放棄遺言書検認特別代理人選任など家庭裁判所の手続きも司法書士の主要業務の一つです。

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所は、2002年2月に千葉県松戸市で開業したときから20年以上の長きにわたり、相続登記預貯金の相続、遺産分割協議書作成などの遺産相続手続きや、遺言に関する手続きを多数取り扱い、豊富な経験と実績を有しています。

当事務所代表の司法書士高島はファイナンシャル・プランナーの資格も保有しているので、不動産の名義変更(相続登記)のみにとどまらず、遺産相続や遺言に関する幅広いご相談を承ることができます。

相続登記、その他の遺産相続手続きのことなら、松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所へお気軽にお問い合わせください。お問い合わせは今すぐフリーダイヤル 0120-022-918 または、メールでどうぞ。当事務所へお越しいただいての初回ご相談、お見積もりはいつでも無料で承っています(電話のみによる無料相談はおこなっていません)。

1.とくにご依頼の多い手続き(遺産相続関連)

(1)相続登記(不動産の名義変更)

(2)預貯金の相続手続き

(3)遺産分割協議書の作成

(4)法定相続情報一覧図の作成

(5)相続放棄

(6)家庭裁判所の手続き

(7)戸籍等の取得、相続人の確定

2.相続手続きの流れと期限

3.司法書士に相談・依頼できる相続手続き(さらに詳しく)

4.遺産相続を巡るトラブルを防ぐための対策

5.遺産相続手続きの関連情報

1.とくにご依頼の多い手続き(遺産相続関連)

遺産相続関連の手続きのうち、千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談・ご依頼がとくに多い業務は次のとおりです。ここに記載の無い手続きについては、ご相談いただける手続き(遺産相続関連)をご覧いただくか、松戸の高島司法書士事務所までお気軽にお問い合わせください。

(1)相続登記(不動産の名義変更)

不動産を所有している方が亡くなられたときには、相続人への名義変更(所有権移転登記)をする必要があります。この相続による不動産の名義変更手続きを「相続登記」といいます。相続による登記のほか、遺贈生前贈与などによる名義変更(所有権移転登記)については、不動産登記のページをご覧ください。

(2)預貯金の相続手続き

銀行、信用金庫などの預貯金の相続手続きを司法書士にご依頼いただくことができます。司法書士が代理人となり金融機関窓口での手続きをおこなうので、相続人ご本人が銀行窓口などへ出向くことなく預貯金の解約(払い戻し)をおこなえます。

(3)遺産分割協議書の作成

相続登記や預貯金相続の手続きをする際に使用する遺産分割協議書を作成します。司法書士に相続登記や預貯金相続手続きをご依頼いただく際には、遺産分割協議書の作成も司法書士におまかせください。

(4)法定相続情報一覧図の作成

法定相続情報一覧図があれば、年金や保険金請求、預貯金相続などで必要となる戸籍などの代わりに使用することができます。法定相続情報一覧図の作成と、手続きに必要な戸籍等の収集を司法書士にご依頼いただくことができます。

(5)相続放棄

相続放棄をする場合には家庭裁判所への申立が必要です。松戸の高島司法書士事務所では、3ヶ月経過後の相続放棄についても豊富な経験と実績があります。

(6)家庭裁判所の手続き

遺言書の検認、遺産分割協議書のための特別代理人の選任相続財産管理人の選任相続放棄など、遺産相続手続きをする際に家庭裁判所への申立が必要となることが多くあります。裁判所提出書類の作成についても、松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所(千葉・松戸市)にご相談ください。

(7)戸籍等の取得、相続人の確定

司法書士へ相続に関連する業務のご依頼をいただいた場合、その手続きに必要な戸籍(除籍、改製原戸籍)、住民票などの取得についても、司法書士におまかせいただくことができます。たとえば、被相続人の出生にさかのぼる戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本等のすべてを取得することにより相続人を確定させたり、また、どこに住んでいるか分からない相続人の現住所を調査することも可能です。

2.相続手続きの流れと期限

相続開始後にすべきことには、期限が決まっているものがあるのでご注意ください。たとえば、相続税の納税義務がある場合の申告・納税期限は、相続開始から10ヶ月です。

  期限手続き  備考
死亡
(相続開始)
7日後死亡届の提出
・遺言書の有無を確認
→ 公正証書以外の遺言の場合、家庭裁判所で検認を受ける
・法定相続人の調査・確定(除籍謄本、改製原戸籍などの取得)
・相続財産(遺産・負債)の調査
3ヶ月(相続放棄)相続財産より債務の方が多い場合、家庭裁判所での相続放棄申述の手続きを検討。
4ヶ月準確定申告被相続人に、確定申告をする義務があった場合、相続人により申告と納税(準確定申告)をする。
(有効な遺言書がある場合)
・遺言書の内容に従って遺産を分割する。
(有効な遺言書が無い場合)
・相続人全員により遺産の分割について話し合いをする。(※1)
・遺産分割につき、相続人全員が合意したら遺産分割協議書を作成。
→遺産の中に不動産があれば相続登記をする(相続登記の期限は3年以内になります)。
10ヶ月相続税の
申告・納税
相続税の納税義務がある場合、申告と納税をする。

※1 相続人中に未成年者がいる場合、特別代理人の選任を家庭裁判所に請求します。

3.司法書士に相談・依頼できる相続手続き

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所(千葉・松戸市)では、遺産相続手続きのご相談・ご依頼を承っています。司法書士に遺産相続の手続きを依頼する場合、相談へ行く前の準備などはとくに不要であるのが通常です。松戸の高島司法書士事務所へご相談にお越しいただければ、初回ご相談時に手続きの流れや必要書類について詳しくご説明いたします。また、法務局や裁判所などに提出する書類の作成も司法書士がおこないますから相続人ご自身が書類作成をする必要もありません。よって、最初から司法書士にご相談いただければ何も問題はないのですが、司法書士には何を相談、依頼できるのかもう少し詳しく知りたいという方は以下の解説をご参考にしてください。

(1)不動産の相続登記手続き

遺産相続手続きのうち、司法書士に相談・依頼する必要性がもっとも高いのは不動産の相続登記です。銀行の預貯金やその他の相続手続きについては、相続人がご自分ですることができるとしても、遺産のなかに不動産がある場合、その相続登記手続きに関してはご自分でおこなうのは難しいことが多いでしょう。

司法書士へ相続登記の手続きを依頼する場合、法務局でおこなう登記手続きだけでなく、必要な戸籍の収集、遺産分割協議書の作成などもおまかせいただくことができます。そのため、相続登記をしたいという場合には、登記の専門家である司法書士に最初からご相談ください(行政書士など他の専門家へ事前に相談する必要はありません)。

令和6年4月1日より相続登記が義務化されることが決定しています。所有権の登記名義人について相続の開始があったときは、その相続により所有権を取得した人は、自己のために相続の開始があったことを知り、かつ、その所有権を取得したことを知った日から3年以内に、所有権の移転の登記を申請しなければならないこととなります。

この相続登記の義務化は、令和6年4月1日よりも前に開始した相続についても対象となりますから、現時点で相続登記が済んでいない不動産がある場合についても、早めに手続きを進めていくべきでしょう。相続登記でお困りの場合は、松戸の高島司法書士事務所までご相談ください。

(2)預貯金の相続手続き

預貯金の相続手続きについては、司法書士などの専門家に依頼せず相続人ご自身がおこなうことも可能です。しかし、相続による預貯金の解約(払い戻し)をするためには、被相続人の出生から死亡に至るまでのすべての戸籍を揃え、遺産分割協議書の作成などをしたうえで、銀行窓口に出向いて手続きをする必要があるのが通常です。

司法書士に預貯金相続の手続きを依頼した場合、銀行窓口に出向いての預貯金解約(払い戻し)手続きを、司法書士が相続人の代理人となっておこなうことができます。また、手続きに必要な戸籍等の収集、遺産分割協議書の作成についても司法書士におまかせいただけます。

預貯金の相続手続きは、不動産の相続登記とあわせてご依頼いただくことが多いですが、司法書士に預貯金相続の手続きのみを依頼することもできます。何を依頼できるのか、費用がどれくらいかかるのかなど、まずは松戸の高島司法書士事務所までお気軽にお問い合わせください。

(3)遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書は、不動産の相続登記や、預貯金の相続手続きをおこなう際に作成します。遺産を相続人中の誰がどのように相続するのかを記した協議書を作成し、相続人の全員が署名し、実印により押印するわけです。

不動産の相続登記や、預貯金の相続手続きを司法書士に依頼する場合、遺産分割協議書の作成についても司法書士おまかせいただくのが通常です。遺産分割協議書の記載に誤りがあると、その後の遺産相続手続きに支障が生じることもあります。もしも、相続人ご自身が遺産分割協議書の作成をしようとする場合には、相続人全員による署名押印をおこなう前に、司法書士など専門家の確認を受けるようにしてください。

(4)法定相続情報一覧図の作成

相続手続きをする際には、被相続人の出生から死亡に至るまでのすべての戸籍などを用意する必要がありますが、この戸籍などの代わりに使用できるのが法定相続情報一覧図です。必要な数の法定相続情報一覧図を事前に作成しておけば、年金、保険、預貯金などの手続きの際に、多数の戸籍等を提出しなくて済むこととなります。

法定相続情報一覧図の作成は法務局でおこないますが、この作成手続きについても司法書士が代理人となっておこなうことができます。また、法定相続情報一覧図の作成をするために必要な戸籍等の収集についてもすべて司法書士におまかせいただけます。

司法書士への法定相続情報一覧図の作成のご依頼は、相続登記の手続きと一緒にしていただくことが多いですが、法定相続情報一覧図の作成のみ(または、法定相続情報一覧図の作成と、手続きに必要な戸籍等の収集)を司法書士に依頼することももちろん可能です。

(5)相続放棄

相続放棄の手続きは、被相続人が債務超過の状況にあるときや、または、現時点では発覚していない債務が存在する恐れがあるような場合におこなわれることが多いです。相続放棄をする際には家庭裁判所へ申立をする必要があります。申立ができる期限は、自己のために相続の開始があったのを知ったときから3ヶ月以内ですが、特別な事情がある場合には3ヶ月経過後の相続放棄が認められることもあります。

家庭裁判所へ相続放棄の申立てをして却下されてしまった場合、再度の申立をすることは認められていません。そのため、相続放棄をしようとする場合には、専門家(弁護士、司法書士のいずれか)に相談して手続きを進めていくべきです。

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所(千葉・松戸市)では多数の相続放棄手続きを取り扱っています(当事務所が運営する「相続放棄専門サイト」もあります)。3ヶ月経過後の相続放棄についても豊富な経験と実績がありますから、他では断られたような場合であっても、そこで諦めてしまうのではなく松戸の高島司法書士事務所へご相談ください。

(6)家庭裁判所の手続き

遺産相続関連の手続きでは、家庭裁判所への申立が必要となることも多くあります。裁判所に提出する書類の作成も司法書士の業務ですから、家庭裁判所への申立書類の作成および提出を司法書士にご依頼いただくことができます。

松戸の高島司法書士事務所へのご依頼が多い手続きとしては、相続放棄、自筆証書遺言の検認、遺産分割協議書をする際に相続人中に未成年者がいる場合の特別代理人の選任、相続人が不存在の場合の相続財産管理人の選任、遺産分割調停の申立てなどですが、その他の手続きについてもご相談ください。

(7)戸籍等の取得、相続人の確定

司法書士へ相続に関連する業務のご依頼をいただいた場合、その手続きをするのに必要な戸籍(除籍、改製原戸籍、附票)、住民票(住民票除票)などの取得についても、司法書士におまかせいただくことができます。たとえば、被相続人の出生にさかのぼる戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本のすべてを取得することにより相続人を確定させたり、また、どこに住んでいるか分からない相続人の現住所を調査することもできます。

司法書士は戸籍の収集や、戸籍の解読による相続人確定のスペシャリストです。何代にもわたって相続が開始しているために、相続人全員を把握するのが困難だったりする場合など、どんなに複雑な相続関係であってもでも、司法書士に依頼すれば相続人の確定が可能です。難しい相続の手続きは、松戸の高島司法書士事務所にご相談ください。

4.遺産相続を巡るトラブルを防ぐための対策

遺産相続を巡るトラブルを防ぐための対策では、トラブルが起きやすいケースとその対策について解説しています。相続問題の事前対策についても、松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所(千葉・松戸市)にご相談ください。
1.婚外子と嫡出子がいる場合の相続対策
2.前妻(前夫)との間に子がいる場合の相続対策
3.夫婦が内縁関係(事実婚)である場合の相続対策
4.子連れ同士の再婚の場合の相続対策
5.子供がいない夫婦の場合の相続対策

5.遺産相続手続きの関連情報

相続手続きの相談をする専門家の選び方
遺産相続・遺言の用語集
相続のよくある質問
法定相続人の調査・確定の方法
生命保険による相続税対策

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所(千葉県松戸市)では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください(予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください)。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません