生前贈与登記とは | 松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所

所有している不動産を無償で譲渡し、名義変更(贈与による所有権移転登記)をするのが、不動産贈与登記です。相続によっても、不動産の所有権はご家族(法定相続人)に移転しますが、自身の生前に贈与を行う(生前贈与)ことで、自らの意志により確実に財産を引き継くことができるので、相続を巡る相続人間のトラブルを防ぐ効果も期待できます。相続遺言手続きのご相談なら、千葉県松戸市の高島司法書士事務所へ。

生前贈与登記 – 相続・遺言の用語集

千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談は完全予約制ですご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。




所有している不動産を無償で譲渡し、名義変更(贈与による所有権移転登記)をするのが、不動産贈与登記です。

相続によっても、不動産の所有権はご家族(法定相続人)に移転しますが、自身の生前に贈与を行う(生前贈与)ことで、自らの意志により確実に財産を引き継くことができるので、相続を巡る相続人間のトラブルを防ぐ効果も期待できます。

ただし、生前贈与を行う際には、税金(贈与税)について良く検討することが大切です。贈与税は、相続税に比べて基礎控除の額が小さく、税率が高いために、非常に高額になることがあるからです。

婚姻期間が20年以上の夫婦間で、居住用不動産(または居住用不動産を取得するための金銭)の贈与を行う場合には、夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除を受けることができます。

また、60歳以上の親(または祖父母)から、推定相続人である20歳以上の子(または孫)への生前贈与の場合には、相続時精算課税の選択が検討できます。

この他、贈与税(暦年課税)の基礎控除額(110万円)を最大限に活用して、毎年少しずつ生前贈与をしていくのも、時間をかけて相続税対策をおこなう場合には有効かもしれません。

生前贈与登記の具体的な手続等については、不動産贈与登記のページをご覧ください。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません