義父の遺産相続の割合など(遺産分割協議)

(質問) 義父が亡くなった後に、遺産分割協議をしないでいるうちに、夫が最近亡くなりました。 この場合、夫の妻である私には、義父の遺産を相続する権利はあるのでしょうか?あるとすれば、その割合などについても教えてください。 ・・・

義父の遺産相続の割合など(遺産分割協議)

(質問)
義父が亡くなった後に、遺産分割協議をしないでいるうちに、夫が最近亡くなりました。

この場合、夫の妻である私には、義父の遺産を相続する権利はあるのでしょうか?あるとすれば、その割合などについても教えてください。

なお、義母は健在で、夫には兄がいます。そして、私たち夫婦には子供が二人います。

(回答)
質問者(子の配偶者)には、義父についての遺産相続権は本来ありません。義父とは配偶者の妻という関係であり、義父の子では無いからです。しかし、ご質問のケースでは、ご主人の法定相続人として、夫の相続人としての地位を相続します。

よって、義父の遺産に対しての相続権があることになり、遺産分割協議にも参加する権利があります。

相続分は、本来の相続人である夫の相続分となります。お子さんが二人いるとのことなので、それぞれが法定相続分ずつの権利を持ちます。つまり、配偶者が2分の1、二人の子が4分の1ずつです。

ご主人の法定相続分は4分の1ですから、義父からすれば子の配偶者である質問者は8分の1、孫であるお子さん達は16分の1ずつの相続分を持つわけです。

夫が先に亡くなっている場合(代襲相続)

ご質問のケースでは、義父、夫の順に亡くなっていますが、ご主人が先にお亡くなりになっていたとすれば、結論は全く違ってきます。

この場合には、義父が亡くなったとき、子の配偶者である質問者は、義父の遺産について何らの相続権も持ちません。ご主人の相続人ではあっても、義父の相続人では無いからです。

ただし、お二人のお子さんについては、ご主人の相続権を引き継ぎます。これが代襲相続です。お子さん達の相続分は8分の1ずつで、妻が相続人とならない代わりに、子供たちの相続分が増えることになります。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません