松戸の司法書士

千葉県松戸市の高島司法書士事務所は、平成14年2月に松戸で開業したので、今年の2月で開業から10年が経過しました。あっという間だった気がしますし、ほんの10年しか経っていないのですが、松戸市内の司法書士の状況はいつのまに・・・

松戸の司法書士

千葉県松戸市の高島司法書士事務所は、平成14年2月に松戸で開業したので、今年の2月で開業から10年が経過しました。あっという間だった気がしますし、ほんの10年しか経っていないのですが、松戸市内の司法書士の状況はいつのまにか大きく変化しています。

さて、全ての司法書士は、事務所所在地の司法書士会の会員になることが義務づけられています。千葉県の司法書士であれば、全員が千葉司法書士会の所属です。千葉司法書士会のホームページで会員名簿がご覧になれますので、正規の司法書士であるかをすぐに確認することができます。

何気なく司法書士会の会員名簿を見てみると、松戸市の司法書士の中で登録順位が上位の方に入っているのです。数えてみると、松戸市の司法書士52名中、私が上位から22番目でした。いつの間にか、松戸の司法書士の中で古い部類に入っているのです。これはちょっとした衝撃でした。たったの10年で、古株の司法書士になっているとは。

これは、松戸から他の場所に転出した司法書士がいることや、引退した年配の司法書士がいることにより、相対的に私の順位が繰り上がったこともあるでしょう。しかし、それよりも大きいのは、司法書士の新規の登録者が一気に増大したことです。私が司法書士登録した10年前は、松戸市内で新規に開業する司法書士は、それほど多くありませんでした。したがって、松戸の司法書士の増加もそれほど急激では無かったのです。

それが、司法書士のホームページによる広告宣伝が解禁されたこと、また、ホームページによる広告宣伝に馴染みやすい債務整理、過払い金請求の業務が増加したことにより、司法書士の新規開業にとってのハードルが下がったといえます。実際、私の後に松戸市内で独立開業した司法書士の多くが債務整理・過払い金請求業務を取り扱っています。

また、独立開業するのではなく、すでにある松戸市内の司法書士事務所で司法書士登録した人も多くいます。かつては、司法書士試験に合格しても、独立開業するまでは司法書士登録しないケースもよくありました。司法書士登録するための費用もかかりますし、月々の司法書士会の会費もかかるからです。しかし、現在では補助者に任せることができず、司法書士が行わなければならない業務が増えています。そこで、松戸市内の司法書士事務所でも、事務所内で登録しているケースが増えているのだと思われます。

いずれの理由によるにせよ、松戸の司法書士事務所の勢力図も大きく変化しつつあることを実感させられた次第です。私より先に登録している松戸の司法書士は21名いますが、その中にはかなりご高齢の方もいます。したがって、実質的に現役だといえる司法書士だけで考えると更に順位は繰り上がることになります。私はまだ40歳を超えたばかりですから、司法書士人生はまだまだこれから先が長いはずです。同業者間の競争ももちろんありますが、今後の展望を考えるのは非常に楽しくもあります。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません