離婚歴を戸籍から消すには(転籍) | 千葉県松戸市の高島司法書士事務所

結婚するときには、夫婦について新戸籍が作られます。 婚姻届には、夫と妻どちらの氏(姓)を結婚後に使用するかを選ぶ欄があり、氏を選ぶとされた方を筆頭者として新戸籍が編成されます。 たとえば、夫の氏を名乗るとすれば、夫が筆頭・・・

離婚歴が戸籍から消えるとき

結婚するときには、夫婦について新戸籍が作られます。

婚姻届には、夫と妻どちらの氏(姓)を結婚後に使用するかを選ぶ欄があり、氏を選ぶとされた方を筆頭者として新戸籍が編成されます。

たとえば、夫の氏を名乗るとすれば、夫が筆頭者の戸籍ができるわけです。

離婚すると夫の戸籍はどうなるか

夫が戸籍筆頭者となっている場合で、夫婦が離婚した場合、妻が戸籍から除籍されます。

この場合、夫の身分事項欄に「離婚」が追加され、離婚日、配偶者氏名が記載されます。また、妻の名前の横には「除籍」の文字が大きく書かれます。

なお、電子化される前の縦書きの戸籍では、離婚により除籍された配偶者の名前を「×」で消していました。

戸籍にバツ印が付くことから、離婚することを「バツ一」ということがあります。しかし、電子化された戸籍ではバツが付くのではなく、除籍と書かれるわけです。

電子化される前でも後でも、いずれにしても夫の戸籍を見れば、誰といつ離婚したかが記載されています。この離婚歴を消す方法はあるのでしょうか。

転籍によって離婚歴は消える

本籍地を移すことを転籍といいます。本籍地は住んでいる場所とは関係なく、日本の領土内であればどこでも自由に選ぶことができます。

転籍をするには、転籍届を本籍地(または、転籍地、住所地でも可)に出すだけです。それによって、新たな本籍地で戸籍が作られます。

転籍によって新たな戸籍が作られると、前の戸籍にはあった「離婚」についての記載は消えています。新戸籍に引き継がれる「身分事項」に離婚は含まれていないからです。

そこで、新たに戸籍謄本を取得すれば、離婚歴(結婚歴)が記載されていない、真っ新な戸籍になっているわけです。

ただし、結婚歴がない人の場合、両親と一緒の戸籍に入っているのが通常ですから、自分1人だけの戸籍になっているというだけで、離婚歴を疑われる可能性もあるでしょう。

また、現在の戸籍には離婚歴が載っていなくても、転籍する前の除籍謄本を見れば、転籍前の身分事項が記載されています。

したがって、離婚歴があるかを調べようとした場合には、隠し通すことは不可能だといえます。

戸籍から離婚歴が消えるといっても、現在の戸籍謄本を見ても離婚歴が分からないのに過ぎないのです。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません