遺産分割協議書(相続登記)

法定相続人が複数いる場合は、その法定相続人の全員により遺産相続についての話し合いをします(遺言書がある場合を除く)。この相続人による話し合いを「遺産分割協議」といいます。この遺産分割協議には共同相続人の全員が参加すること・・・

遺産分割協議書とは

法定相続人が複数いる場合は、その法定相続人の全員により遺産相続についての話し合いをします(遺言書がある場合を除く)。この相続人による話し合いを「遺産分割協議」といいます。この遺産分割協議には共同相続人の全員が参加することが必要であり、一部の相続人を除外しての遺産分割協議は無効です。

そして、この話し合いによる合意事項を文書にしたのが「遺産分割協議書」です。遺産分割協議書へは、共同相続人の全員が署名押印します。もしも、遺産分割協議書の用紙が複数にわたる場合には割印(契印)が必要です。押印の際の印鑑は実印を使用し、印鑑証明書を添付します。

遺産分割協議書は、不動産の名義変更登記(相続登記)や、銀行預金の引き出し(預金名義の書き換え)、自動車、有価証券の名義変更などに使用します。遺産分割協議書の記載内容に誤りがあると、遺産分割協議書を作り直して、共同相続人による署名押印が再び必要になることもあります。

そこで、司法書士に不動産の相続登記(名義変更)をご依頼いただいた場合、司法書士が作成した遺産分割協議書に署名押印をいただくのが通常です。もし、相続人ご自身が作成された場合も、共同相続人全員が署名押印する前に、司法書士による確認を受けることを強くお勧めします。

「遺産分割協議書」の関連投稿

遺産分割協議書の作成(千葉県松戸市の高島司法書士事務所)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません