兄弟姉妹の遺産の相続権

(質問) 兄には配偶者(妻)はいますが子供はいません。また、父、母を含め直系尊属は全員すでに他界しています。 この場合、兄が亡くなったときには、その遺産相続権は全て配偶者にいってしまうのでしょうか。長男である兄は、父の遺・・・

兄弟姉妹の遺産の相続権

(質問)
兄には配偶者(妻)はいますが子供はいません。また、父、母を含め直系尊属は全員すでに他界しています。

この場合、兄が亡くなったときには、その遺産相続権は全て配偶者にいってしまうのでしょうか。長男である兄は、父の遺産の多くを相続しているので、全部それが嫁である妻のものになってしまうのは納得がいきません。

(回答)
ご質問のケースでは、お兄様の配偶者(妻)と共に、相談者(弟)が相続人となりますから、妻に全ての遺産が行ってしまうということはありません。

ただし、法定相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1なので、妻に遺産の大部分が渡ってしまうことにはなります。

亡くなられた方(被相続人)に配偶者がいる場合、配偶者は必ず相続人となります。そして、被相続人の子供、直系尊属(父母、祖父母など)、兄弟姉妹がいる場合には、配偶者とともに相続人になります。

さらに被相続人の子供、直系尊属、兄弟姉妹の全員が先に無くなっている場合でも、子供の子供(孫)、または兄弟姉妹の子供(おい、めい)がいる場合には、相続人(代襲相続人)となります。

そして、上に挙げた相続人に該当する人が誰もいない場合には、配偶者が単独で相続することになります。

なお、法定相続分としては妻が4分の3、弟が4分の1ですが、話し合い(遺産分割協議)により法定相続分とは違う割合で遺産を相続することももちろん可能です。

また、家業としておこなっている事業があり長男から弟へ事業承継するというような場合には、遺言書によって弟へ相続させる遺産の内容を指定をすることも考えられます。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません