不動産相続登記と名義変更(名変)について

松戸の司法書士高島一寛です。本日のテーマは不動産相続登記と名義変更についてです。 亡くなった方(被相続人)が持っていた不動産を、相続人の名義に変更するためにおこなうのが相続登記です。正確に表現するならば「相続を原因とする・・・

不動産相続登記と名義変更について

松戸の司法書士高島一寛です。本日のテーマは不動産相続登記と名義変更についてです。

亡くなった方(被相続人)が持っていた不動産を、相続人の名義に変更するためにおこなうのが相続登記です。正確に表現するならば「相続を原因とする不動産の所有権移転登記」となりますが、通常は相続登記、または、相続による名義変更登記などといっています。

名義変更登記(名変)とは?

ただし、不動産登記の用語としては、名義変更登記とは、所有者の住所や氏名を変更するための登記を指します。たとえば、不動産の所有者として登記されている人(所有権登記名義人)が、引っ越しをして住民票を移した場合には、所有権登記名義人住所変更登記をします。

自分が現在住んでいる不動産の場合には、引っ越しをするという場合には、その不動産を売却することが多いでしょう。この場合には、引っ越したけれども、所有権登記名義人変更登記をしていないということはありません。

しかし、親から相続した土地家屋であって、現在は住んでいないというような場合には、登記されている住所と現住所が異なることもあります。また、不動産を購入した際に、その時点の住所(旧住所)で登記をしている場合には、新居へ転居したときに住民票を移しているはずです。

このようにして、現在の住民票の住所と、登記簿上の住所が相違する場合には、所有権登記名義人住所変更の登記が必要になるわけです。

また、所有権登記名義人の氏名が結婚などにより変わった場合には、所有権登記名義人氏名変更の登記が必要です。このように、所有者そのものが変わるのでは無く、所有者の表示(住所、氏名)が変わった場合にする登記が、本来の意味での名義変更登記で、司法書士などの関係者は名変(めいへん)と言うことが多いです。つまり、名変と言ったら、所有権移転登記ではなく、所有権登記名義人住所変更(または、所有権登記名義人氏名変更)などを指すわけです。

関連情報

相続登記(松戸の高島司法書士事務所ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません