法定相続人の相続分の決まり方(配偶者、子供、直系尊属、兄弟姉妹)

法定相続人のそれぞれが、どのような割合で相続財産に対する権利を持つかは、民法により定められています。これが法定相続分です。 まず、配偶者のみが法定相続人であるときは、配偶者が相続財産の全てを取得します。子(または、直系尊・・・

法定相続人の相続分の決まり方

法定相続人のそれぞれが、どのような割合で相続財産に対する権利を持つかは、民法により定められています。これが法定相続分です。

まず、配偶者のみが法定相続人であるときは、配偶者が相続財産の全てを取得します。子(または、直系尊属、兄弟姉妹)のみが法定相続人である場合も同様です。そして、配偶者、および子(または、直系尊属、兄弟姉妹)がともに法定相続人になるときの法定相続分は次のとおりです。

  1. 法定相続人が子及び偶者の場合 それぞれ2分の1ずつ
  2. 法定相続人が直系尊属及び配偶者の場合 配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
  3. 法定相続人が兄弟姉妹及び配偶者の場合 配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

同順位の相続人が複数いる場合は、その相続分は同じです。たとえば、長男、長女、二男の3人が法定相続人だとして、その相続分に違いはありません。

ただし、子供の中に非嫡出子がいる場合、非嫡出子の法定相続分は、嫡出子である子供の半分となります。嫡出子・非嫡出子について詳しくは次の投稿をお読みください。

法定相続分とは異なる割合での相続

なお、実際に遺産相続手続きをおこなう際は、法定相続分と異なる割合で遺産を分けることももちろん可能です。たとえば、相続人が妻、長男、長女である場合に、相続人3人の共有名義にするよりは、妻1人の名義に相続登記をするのがむしろ普通だともいえます。ただし、法定相続分と異なる割合での相続をするには、法定相続人の全員が合意しなければなりません。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません