祖父名義の土地の名義変更(数次相続)

(質問) 父が亡くなったため、父母が住んでいた実家不動産(土地、家)の名義変更をすることになりました。ところが、登記事項証明書(登記簿謄本)を取っててみると、不動産の名義は祖父のままになっています。 この場合、孫である私・・・

祖父名義の土地の名義変更(数次相続)

(質問)
父が亡くなったため、父母が住んでいた実家不動産(土地、家)の名義変更をすることになりました。ところが、登記事項証明書(登記簿謄本)を取っててみると、不動産の名義は祖父のままになっています。

この場合、孫である私の名義に直接変更することは可能なのでしょうか?また、名義変更が可能であるとして、どのような手続きが必要でしょうか?

(回答)
ご質問のケースでも条件はありますが、不動産(土地、家)の名義を、祖父から孫に直接変更することも可能です。

本来であれば、お祖父様が亡くなられた時に、お祖父様の相続人名義への変更登記をおこなうべきでした。それをしないうちに、お父様が亡くなられたことで更に相続が開始しているわけです。

お祖父様についての相続を「第一次相続」とすれば、お父様についてが「第二次相続」となります。このように、前の相続についての遺産相続手続きをしないうちに、次の相続が発生している場合のことを「数次相続」といっています。

このとき、第一次相続が発生した際に遺産分割協議をしていなかったとすれば、これから遺産分割協議をおこなうことになります。このとき、協議に参加すべきは、お祖父様の相続人、そして、お父様の相続人の全員です。

遺産分割協議をしないうちに相続人が無くなった場合には、その相続人についての遺産相続権が相続されます。つまり、お父様が持っていた、お祖父様の相続人としての遺産相続権を相続により引き継ぐわけです。

そして、この遺産分割協議により、不動産(土地、家)の権利をご質問者(孫)が引き継ぐとした場合には、祖父から孫に名義変更がおこなえるのです。

なお、遺産分割協議書へは、お祖父様の相続人、つまり、お父様に兄弟姉妹がいる場合にはその全員が参加しなければなりません。もし、すでに亡くなられている方がいる場合には、その兄弟姉妹の相続人が相続人となります。

数次相続が発生している場合、このように相続人の数が多くなり遺産分割協議が困難になることもあります。

関連情報

数次相続による相続登記

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません