個人民事再生による最低弁済額2(清算価値保障原則)

個人民事再生による最低弁済額には、前回の投稿で述べた、「債務総額(基準債権の総額)に応じた再生計画に基づく弁済の総額(計画弁済総額)の下限」のほかにも要件があります。 計画弁済総額は、債務者が破産した場合に債権者が受ける・・・

個人民事再生による最低弁済額2(清算価値保障原則)

個人民事再生による最低弁済額には、前回の投稿で述べた、「債務総額(基準債権の総額)に応じた再生計画に基づく弁済の総額(計画弁済総額)の下限」のほかにも要件があります。

計画弁済総額は、債務者が破産した場合に債権者が受けることができる予想配当額(清算価値)を下回ってはならないとされています。簡単にいえば、その人が持っている財産の総額以上は必ず支払わなければならないということです。

これを清算価値保障原則といいます。たとえば、退職金見込額や、生命保険の解約返戻金が多額な場合、計画弁済総額の算出にあたって清算価値が問題になることがあるかもしれません。

なお、退職金見込額については、自己都合で退職した場合の見込額の8分の1を清算価値として計算するものとしている裁判所が多いでしょう。たとえば、退職金見込額が800万円であれば、清算価値に組み入れるのは100万円だというわけです。

関連情報

個人民事再生(個人債務者再生手続) (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません