相続登記の流れ、必要書類

松戸の高島司法書士事務所ホームページを更新し、不動産相続登記のページに『 不動産相続登記の流れ 』を追加しました。 相続による不動産の名義変更(所有権移転登記)には、戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)、住民票(除票)をはじ …

相続登記の流れ

松戸の高島司法書士事務所ホームページを更新し、不動産相続登記のページに『 不動産相続登記の流れ 』を追加しました。

相続による不動産の名義変更(所有権移転登記)には、戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)、住民票(除票)をはじめ多くの書類が必要となり、大変手間がかかる手続です。

これは、法的に有効な遺言がある場合を除いては、相続人全員の話し合いにより遺産の分け方を決めなければならないからです。この話し合いの結果を書面にし、相続人全員によって署名押印したものが遺産分割協議書です。

相続登記をする際には、法務局(登記所)へ、登記申請書やその添付書類としての遺産分割協議書などを提出します。これにより、法務局の職員(登記官)が、誰がその不動産を相続したのかを確認できるわけです。

そして、その遺産分割協議が、たしかに相続人の全員により行われたことを証明するために、被相続人(亡くなった方)についての戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)が必要となるのです。

人が生まれたときには戸籍に記載されます。その後、結婚や離婚により、また、本籍地を変更(転籍)したとき、法律によって戸籍の形式が変わった(改製された)ときなど多くの場合で、新たに戸籍が作成されます。

この出生から死亡に至るまでの全ての戸籍謄本(除籍、原戸籍)があれば、その人の相続人の全がて判明します。たとえば、前妻との間の子や、未婚の相手方との子であっても認知していれば戸籍に記載されるからです。

つまり、遺産分割協議書と併せて、そこに記載されている人が相続人の全てであることを証明するために、多数の戸籍謄本などが必要になるというわけです。

戸籍謄本などの収集は、慣れていない一般の方には厄介なものです。けれども、司法書士に不動産相続登記の依頼をすれば、戸籍謄本などの収集についても司法書士にお任せいただけます。

松戸の高島司法書士事務所では、地元である松戸、流山、柏、およびその周辺の皆さま方から相続登記手続のご依頼を多数いただいております。お見積もりやご相談は無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません