実印、印鑑証明書とは

相続手続きなどで使用する、個人についての「実印」とは、住民登録をしている市区町村役場に登録した印鑑のことです。 事前に印鑑を登録しておくことで「印鑑証明書」を発行してもらうことができます。そして、押印した印影と印鑑証明書・・・

実印、印鑑証明書とは

相続手続きなどで使用する、個人についての「実印」とは、住民登録をしている市区町村役場に登録した印鑑のことです。

事前に印鑑を登録しておくことで「印鑑証明書」を発行してもらうことができます。そして、押印した印影と印鑑証明書を照らし合わせることで、それが実印であることが分かるわけです。

そのため、どんなに高級な印鑑であっても、印鑑登録しなければ実印ではありませんし、反対に100円ショップで買った印鑑を実印にすることも可能です(ただし、そのような印鑑では、非常に簡単に偽造できてしまうので避けた方が良いでしょう)。

重要な契約書などを作成するとき、その他の書類等に実印を押したとしても印鑑証明書を添付しなければ意味がありません。印鑑証明書がなければ、それが実印であることが証明できないからです。

不動産の名義変更(所有権移転登記)をする際にも、実印が必要になることが多いです。たとえば、売買による場合には売り主(登記義務者)、相続登記の場合には遺産分割協議書に実印を押し印鑑証明書を添付することになります。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません