自己破産の同時破産廃止手続きとは

自己破産申立をした場合、本来であれば、破産者が持っている財産を換価して(お金に換えて)債権者に配当します。これを破産手続といいます。 たとえば、1億円の負債を抱えて自己破産した場合でも、その債務者(申立人)が5千万円の財・・・

自己破産の同時破産廃止手続きとは

自己破産申立をした場合、本来であれば、破産者が持っている財産を換価して(お金に換えて)債権者に配当します。これを破産手続といいます。

たとえば、1億円の負債を抱えて自己破産した場合でも、その債務者(申立人)が5千万円の財産を持っていたなら、その財産を債権者に配当します。そして、それでも払いきれないものについて、支払い義務を免除(免責)されるわけです。

そして、この破産手続きは裁判所から選任された破産管財人が行いますが、この破産管財人の報酬は、破産者の財産の中から支払われます。しかし、破産者が持っている財産が、破産手続をするための費用にも不足するときには、破産手続を行わないこととしたのです。これが同時破産廃止です。

具体的には、同時破産廃止とは、破産手続を開始する(破産宣告を出す)のと同時に、「その破産手続を廃止する」との決定を出すことです。破産手続を開始したのと同時に、破産手続を廃止してしまうのですから、つまり実際には破産手続を行わないことになります。

同時破産廃止の場合、破産審問期日の後に次のような決定がされます。

1.債務者 A につき、破産手続を開始する。
2.本件破産手続を廃止する。

破産手続を開始したのと同時に、破産手続を廃止してしまうのですから、実際に破産手続は行われないことになります。したがって、自己破産しても、同時破産廃止の手続きであれば、持っている財産を処分するようなことは一切無いわけです。

関連情報

自己破産の申立 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません