自己破産の同時廃止と管財手続 | 千葉県松戸市の高島司法書士事務所

個人が自己破産申立をした場合、「同時廃止手続」と「管財手続」のどちらが選択されるのかにより、破産手続きにかかる時間や費用に違いが出てきます。 まず、本来の原則としては、個人が自己破産申立であっても、破産管財人を選任しての・・・

自己破産の同時廃止と管財手続

千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談は完全予約制ですご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。




この記事は千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)旧ブログにアーカイブされているものです。新しい情報については、松戸の司法書士高島一寛のブログを、また、債務整理については「司法書士による債務整理、個人再生、自己破産」のページをご覧ください。


(公開日:2012年5月4日)

個人が自己破産申立をした場合、「同時廃止手続」と「管財手続」のどちらが選択されるのかにより、破産手続きにかかる時間や費用に違いが出てきます。

まず、本来の原則としては、個人が自己破産申立であっても、破産管財人を選任しての破産管財手続きが行うことになっています。しかし、管財手続きにかかる最低限の費用(20~50万円程度)を用意するのも困難であるような場合にも、全て管財手続きが行われるとすれば、お金が無ければ自己破産が出来ないという結果を招いてしまいます。

そのため、破産管財手続きにかかる費用を捻出できるだけの財産を所有しておらず、かつ、とくに債務者の財産等に対する調査が必要でないと判断される場合には、破産同時廃止の手続きが認められているのです。

破産同時廃止手続きでは、破産手続開始の決定と同時に破産手続廃止の決定がされます。つまり、開始と同時に廃止されるわけですから破産手続きは行われず、管財費用もかからないわけです。

現実には、法人代表者や事業を営んでいる場合を除いては、個人の自己破産手続きでは大多数が破産同時廃止となっています。

ところが、クレジットカードのショッピング枠の現金化を多用しているときや、ギャンブル、浪費など、免責許可の可否にあたって調査が必要だと判断される場合にも、管財手続きが行われることがあります。

管財手続きでは、破産管財費用として最低20万円~50万円程度のお金を裁判所に納める必要がありますが、お金を準備するための時間的猶予は与えられますし、必要以上に恐れる必要はありません。

千葉県松戸市の高島司法書士事務所では、自己破産や債務整理・借金問題のご相談を承っています。ご相談は予約制なので、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

関連情報

自己破産の申立 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません