自己破産における非免責債権

自己破産申立は、破産手続の開始と、免責の許可を求めて行うものです。自己破産申立をして、免責許可決定を得ることによって、債務(借金)の支払い義務から解放されることになります。ただしこれには例外があり、免責許可が出ても支払い・・・

自己破産における非免責債権

自己破産申立は、破産手続の開始と、免責の許可を求めて行うものです。自己破産申立をして、免責許可決定を得ることによって、債務(借金)の支払い義務から解放されることになります。ただしこれには例外があり、免責許可が出ても支払い義務が無くならない債務もあります。これを非免責債権といいます。主な非免責債権は下記のとおりです。

主な非免責債権

1.租税等の請求権
2.破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
3.破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権(前号に掲げる請求権を除く。)
4.次に掲げる義務に係る請求権
 4-1.夫婦間の協力及び扶助の義務
 4-2.婚姻から生ずる費用の分担の義務
 4-3.子の監護に関する義務
 4-4.直系血族及び兄弟姉妹についての扶養の義務
5.雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権
6.破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)
7.罰金等の請求権

租税とは税金のことです。市県民税や、所得税、国民健康保険などは自己破産して免責許可を得ても支払義務は残るということです。

また、自己破産申立の際に、債権者名簿に記載しなかった債権者に対する支払い義務も免責されないことがあります。うっかり申告し忘れることの無いように注意が必要です。

関連情報

自己破産の申立 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません