会社(勤め先)に知られず自己破産できるのか?

自己破産しても、裁判所や、債権者(借入先)から会社あてに連絡が行くことはありません。また、破産宣告が出た際には「破産者」の住所氏名が官報に掲載されますが、一般企業が官報をチェックしている可能性は極めて低いと思われます。し・・・

会社(勤め先)に知られず自己破産できるのか?

自己破産しても、裁判所や、債権者(借入先)から会社あてに連絡が行くことはありません。また、破産宣告が出た際には「破産者」の住所氏名が官報に掲載されますが、一般企業が官報をチェックしている可能性は極めて低いと思われます。したがって、通常は自己破産したことが会社(勤務先)に知られることは無いといえます。

ただし、勤務先に対する債務(借り入れ)がある場合には、会社も債権者の一つとなりますから債権者名簿に載せる必要があり、裁判所から会社宛に通知されることになります。この場合でも、会社に対する支払いが終わっているならば、もちろん自己破産しても会社へ通知が行くことはありません。

また、自己破産申立をする際には、源泉徴収票、給与明細の他、勤続年数が一定期間(5年程度)以上の場合には「退職金の額についての証明書」の提出が求められます。自己破産するのを会社に内緒にしているとすると、このような書類を勤務先から出してもらうに苦労するかもしれません。

ただし、退職金支給規定などで正確な退職金の額が算出できれば、証明書の提出は不要ですし、退職金が出ないことが明らかな場合には、その旨の報告書(上申書)で足りるとも考えられます。

なお、仮に自己破産したことが会社に知られたとしても、法律上は、自己破産したことを理由に社員を解雇することはできません。

債務整理や、自己破産についてご心配な場合には、司法書士や弁護士にご相談ください。千葉県松戸市の高島司法書士事務所は、自己破産申立について豊富な経験と実績を有しておりますので、安心してご相談いただけます。

関連情報

自己破産の申立 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません