任意整理の流れについて

千葉県松戸市の高島司法書士事務所に任意整理をご依頼いただいた場合の手続きの流れについてご説明します。ただし、実際の交渉や事務処理は司法書が行いますから、ご依頼者(債務者本人)が、債権者と直接話しをすることはありません。よ・・・

任意整理の流れについて

千葉県松戸市の高島司法書士事務所に任意整理をご依頼いただいた場合の手続きの流れについてご説明します。ただし、実際の交渉や事務処理は司法書が行いますから、ご依頼者(債務者本人)が、債権者と直接話しをすることはありません。よって、あくまでもご参考としてご覧いただければ結構です。

1.司法書士への相談

任意整理により支払うべき債務額を、債権者数、現在の債務の額、約定利率、取引期間などから予想します。この残債務額を3年から最長5年程度で返済するだけの収入があれば任意整理が可能です。それが難しいのであれば、自己破産、個人民事再生など、他の債務整理手続きを検討することになりますが、債務整理方法の決定にあたってはご依頼者のお考えも尊重します。

2.委任契約の締結・受任通知の発送

ご相談の結果、任意整理を高島司法書士事務所にご依頼いただくことになったら、司法書士との間で委任契約書を作成します。その後、すぐに債権者(消費者金融、クレジット・信販会社など)に対して、司法書士から受任通知(債務整理開始通知)を送ります。債務整理開始通知を受け取った債権者(貸金業者)は、債務者ご本人に直接の連絡をすることが禁止されていますので、たとえ支払いが遅れている場合でもその後の督促(取立て)はストップします。

3.利息の再計算(引き直し計算)

司法書士が受任通知(債務整理開始通知)を発送してからしばらくすると、取引開始時からの借入と返済の明細が全て記載された取引履歴が債権者から送られてきます。取引履歴の内容を確認し、利息制限法の制限利率を超える取引がある場合は、司法書士が利息の再計算(引き直し計算)を行い、支払うべき債務の額を確定させます。

4.司法書士による和解案の提示

司法書士から、債権者に和解案を提示します。任意整理による支払い回数は通常3年(36回)までですが、最長で5年(60回)位までなら和解に応じてくれる債権者もあります。また、任意整理後の利息(将来利息)は付けない(利息0%)のが原則です。

5.和解契約書の作成

債権者との和解が成立したら、和解契約書を作成します。通常は司法書士が代理人として契約書を作成しますから、ご依頼者様に(債務者本人)が手続きをしていただくことはありません。任意整理のご依頼をいただいてから和解成立までにかかる時間は3,4ヶ月くらいが目安です。司法書士費用を分割払いする場合、通常はこの期間にお支払いいただくことになります。

6.債務の支払開始

和解契約書の内容にしたがって返済をしていきます。千葉県松戸市の高島司法書士事務所では、司法書士とご依頼者様(債務者)との委任契約は、任意整理による支払いが完了するまで継続します。したがって、債権者との返済期間中の連絡等は全て司法書士を通じて行うので安心です。

なお、任意整理の際に、債務の支払い方法についての和解契約書ができた時点で、司法書士・弁護士との委任契約が終了する事務所もあります。この場合、支払いが遅れてしまった場合の督促や、その他の、債権者からの事務連絡が全て直接来ることとなりますから要注意です。

関連情報

任意整理 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません