任意整理で借金の事情は問題になるのか | 千葉県松戸市の高島司法書士事務所

裁判所に自己破産申立をする場合、借金の事情についても申告をする必要があります。そして、多重債務に陥った事情によっては、自己破産申立をしても免責許可決定が得られないことがあります。免責されないということは、つまり、借金の返・・・

任意整理で借金の事情は問題になるのか?

千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談は完全予約制ですご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。




この記事は千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)旧ブログにアーカイブされているものです。新しい情報については、松戸の司法書士高島一寛のブログを、また、債務整理については「司法書士による債務整理、個人再生、自己破産」のページをご覧ください。


(公開日:2012年5月2日 最終更新日:2022年3月17日)

裁判所に自己破産や個人再生の申立をする場合には、返済しきれないほどの借金をするのに至った事情などについても申告をする必要があります。そして、多重債務に陥った事情によっては、自己破産申立をしても免責許可決定が得られない場合もあります。免責されないということは、つまり、借金の返済義務が無くならないということです。

これに対して、任意整理では、どうして借金をしたかの詳しい事情や、借りたお金の使い道を細かく問われることは通常ありません。よって、ギャンブルやショッピングによる浪費などにより多額の借金を抱えてしまったというような場合であっても、分割による支払いが可能であるのならば任意整理をすることは可能です。

ただし、任意整理により確実に返済をしていくためには、それまでの生活習慣を改めることも大切です。たとえば、パチンコ・競馬などのギャンブル、ショッピングによる浪費や遊興費が多重債務の原因であるなど場合は、それらの行為をキッパリとやめることも必要です。いったんは債務整理したことで借金が無くなっても、再び借り入れをしてしまったことで多くの債務を抱えてしまうケースも珍しくありません。

なお、任意整理による和解交渉において、債権者から借金の理由などについては問われないとしても、取引期間がごく短い(借り入れをしてから短期間での任意整理)場合や、クレジットカードで購入した商品をすぐに転売している場合などは、任意整理による和解に応じて貰うのが困難なこともあります。

これらの場合であっても、自己判断で債務整理(任意整理)手続きをするのを諦めずに、まずは司法書士などの専門家にご相談ください。千葉県松戸市の高島司法書士事務所では、借金問題・債務整理のご相談を初回無料で承っておりますので、まずはお問い合わせください。

任意整理のページへ >>

関連情報

任意整理 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません