Googleのパーソナライズ検索

司法書士業務とは全く関係ない話ですが、今になってGoogleの「パーソナライズ検索」を知り、大いにショックを受けたので記事にしてみました。 Googleの検索結果は、検索するパソコンにより異なります。これはパーソナライズ …

Googleのパーソナライズ検索

司法書士業務とは全く関係ない話ですが、今になってGoogleの「パーソナライズ検索」を知り、大いにショックを受けたので記事にしてみました。

Googleの検索結果は、検索するパソコンにより異なります。これはパーソナライズ検索によるもので、過去に使用した検索キーワードや、そのクリックした結果などにより、検索結果がカスタマイズされるのです。

たとえば、以前に「司法書士」のキーワードで検索し、自分のサイトを見つけてクリックしたとします。そうすると、再び同じキーワードで検索した際に、自分のサイトが上位に表示されるというわけです。

情報収集に使う分には、求めている情報に辿り着きやすくなるので便利な機能だと言えますが、SEOを行ううえでは厄介です。上位表示されているのは、自分のパソコンだけかもしれないですから・・・。SEOに携わっている方には常識なのでしょうが、最近になってこの事実に気づき大ショックを受けたわけでして。

そこで、Googleのパーソナライズ検索を無効にすることにしました。私は、普段Google Chromeを利用しているので、ここで解説するのはGoogle Chromeの場合についてですが、他のブラウザを利用している方は「Google パーソナライズ検索 無効」というようなキーワードで参考になるサイトがすぐに見つかると思います。

1.設定-オプションを開く。

2.「検索エンジンの管理」ボタンをクリック

3.「規定の検索オプション」に次のように入力

・検索エンジンの名前(左のボックス)
・キーワード(中央のボックス)

上記画面では、それぞれ「Googleカスタム」「google.co.jp」としていますが、任意の文字列で構わないようです。

・URL(右側のボックス)は次のようにします。

{google:baseURL}search?{google:RLZ}{google:acceptedSuggestion} {google:originalQueryForSuggestion}sourceid=chrome&ie={inputEncoding}&q=%s&pws=0

※一番上にある「Google」のURLの末尾に「&pws=0」を足しただけです。

これで設定は完了です。検索結果した際、末尾に「&pws=0」が付いていれば成功です。なお、この設定はアドレスバーに検索キーワードを入力したときにしか有効になりません。

ちなみに、Yahoo!で検索したときはパーソナライズ検索が働きませんので、最初からYahoo!を利用すれば面倒な設定は不要です。ご存じかとは思いますが、現在はYahoo!の検索エンジンはGoogle検索を利用していますので、検索結果は同じになるはずですので。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません