相続放棄の期限(被相続人の父母) | 松戸の高島司法書士事務所

(質問) 被相続人(亡くなられた方)に、妻と子供がいるときは、父母が存命であったとしても相続人にはならないとのことです。 しかし、被相続人の子供が相続放棄をした場合には父母が相続人となると思うのですが、父母が相続放棄をで・・・

相続放棄の期限(被相続人の父母の場合)

千葉県松戸市の高島司法書士事務所(松戸駅東口徒歩1分)へのご相談は完全予約制ですご相談予約・お問い合わせのページをご覧になって事前にご連絡くださいますようお願いいたします。




(質問)
亡くなった子に借金があるため、親である私も家庭裁判所で相続放棄の手続をする必要があります。

けれども、被相続人(亡くなった子)に妻子がいるときには、直系尊属(父母)については現時点で相続人にはならないため、相続放棄の手続は出来ないとのことです。

この場合に、被相続人の子の全員が相続放棄をした場合には直系尊属(父母)が相続人となると思うのですが、父母が相続放棄することが出来るもの被相続人が死亡したときから3ヶ月以内なのでしょうか?

そうだとすれば、相続放棄をするのが時間的に間に合わないかもしれません(子たちが相続放棄の手続を開始するのが遅かったため)。

(回答)
ご質問のケースで相続放棄ができるのは、自分が相続人となったことを知ったとき、つまり、先順位者である被相続人の子が相続放棄をしたことを知ったときから3ヶ月以内です。

そもそも、相続放棄ができるのは、相続の開始(被相続人が死亡したとき)から3ヶ月以内ではなく、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。

自己のために相続の開始があったことを知った時とは、相続開始の原因となるべき事実を知り、かつ、それによって自分が相続人となったことを知った時です。

相続開始の原因となるべき事実とは、被相続人の死亡の事実ですから、被相続人が亡くなられた時期とほぼ同時であることも多いでしょう。

しかし、被相続人の父母は、先順位の相続人が相続放棄をしない限りは相続人になりません。したがって、被相続人の子たちが相続放棄したことを知った時が、自分が相続人となったことを知った時であり、この時から3ヶ月間が相続放棄をできる期間となるわけです。

関連情報(相続放棄)

相続放棄
相続放棄できる期間(3ヶ月の熟慮期間の起算点)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。予約せずに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。また、LINEによるご相談予約もできますのでご利用ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、電話やメールのみによる無料相談は承っておりません