相続放棄とは(家庭裁判所への相続放棄申述受理申立の手続き)

松戸の高島司法書士事務所では、相続手続きに関するご相談を多数いただいています。中でも相続放棄の手続について、ウェブサイトやブログ経由でのご相談、ご依頼が非常に多く豊富な経験と実績があります。 相続放棄とは 法定相続人は、・・・

相続放棄とは

松戸の高島司法書士事務所では、相続手続きに関するご相談を多数いただいています。中でも相続放棄の手続について、ウェブサイトやブログ経由でのご相談、ご依頼が非常に多く豊富な経験と実績があります。

相続放棄とは

法定相続人は、被相続人の遺産を相続しますが、この遺産にはプラスの財産だけでなく、マイナスの財産(負債、借金)も含まれます。したがって、多額の債務を抱えてご家族が亡くなった場合、そのままでは残された家族が債務の支払をしなければなりません。

そんなときに採るべき手段が相続放棄です。相続放棄とは、相続人が、被相続人(亡くなった方)についての、権利(財産)や義務(負債)の一切を引き継がないためにする手続です。

「相続を放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」とされています。相続人では無いとみなされるのですから、被相続人の財産(債権)も、負債(債務)も一切引き継がないことになります。

ここで注意しなければならないのは、相続人ではないとみなされるということは、被相続人の遺産を引き継ぐ権利も一切無いということです。したがって、被相続人の銀行預金を引き出してしまったり、タンスに残されていた貯金を使ってしまえば、相続放棄はできないことになります(相続の単純承認)。

相続放棄をするには、家庭裁判所に相続放棄の申述をすることが必要です。この相続放棄申述は、「自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内」にしなければなりません。相続放棄が可能な期間については、次の投稿で詳しく解説します。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません