過払い金算出のための利息の再計算

過払い金の計算は、一番最初に借り入れしたときにさかのぼり、全ての取引の経過(借入れ、返済)を、利息制限法に定められた法定利率(15%~20%)で計算し直すことによって行います。この再計算のことを、引き直し計算ということも・・・

過払い金算出のための利息の再計算

過払い金の計算は、一番最初に借り入れしたときにさかのぼり、全ての取引の経過(借入れ、返済)を、利息制限法に定められた法定利率(15%~20%)で計算し直すことによって行います。この再計算のことを、引き直し計算ということもあります。

この利息の再計算をすることによって、利息制限法の制限利率を超えて支払っていた利息が、元本の支払いに充当されます。これによって、借入残高が残っている場合でも、その借入れ元本が減少することになりますし、さらには過払い金が生じることがあるのです。

利息制限法に定められた法定利率は、借り入れ元本が10万円以上100万円未満の場合、年18%です。したがって、当初からの契約利率が18%以内であったならば、過払い金は発生しないことになります。反対に、上記を超える利率での取引をしていて、すでに完済している場合には、必ず過払い金が発生していることになるわけです。

また、法定利率を超えて支払っていた利息は、まず元本の支払いに回されますので、借入れ元本はそのままにして、過払い分の利息だけを先に返してもらうというようなことはできません。つまり、払い過ぎた利息を元本に充当することで、借入れ元本がマイナス(過払い)になった場合にのみ過払い金の返還請求ができるのです。

契約当初からの全ての取引を知るには、相手方(消費者金融、クレジット会社)から取引履歴を出してもらいますが、司法書士にご依頼いただけば、司法書士から取引履歴の開示請求をしますので、ご自分で手続きする必要はありません。

利息の再計算については、千葉県松戸市の高島司法書士事務所による、取引履歴の再計算(引き直し計算)のページもぜひご参考にしてください。

関連情報

過払い金返還請求 (債務整理・過払い金請求ホームページ)

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません