日本財産管理協会の認定会員名簿へ登載されました

一般社団法人日本財産管理協会の認定会員名簿へ登載され、財産管理マスターとしての認定を受けました。 日本財産管理協会は、遺言執行や銀行手続き等の遺産承継事務、その他財産管理業務をおこなう司法書士有志が設立した一般社団法人で・・・

日本財産管理協会の認定会員名簿へ登載されました

一般社団法人日本財産管理協会の認定会員名簿へ登載され、財産管理マスターとしての認定を受けました。

日本財産管理協会は、遺言執行や銀行手続き等の遺産承継事務、その他財産管理業務をおこなう司法書士有志が設立した一般社団法人です。司法書士高島は、同協会が実施した認定研修で所定の単位を取得たことにより、認定会員となりました。

財産管理業務は、研修受講の有無などとは関係無しに、司法書士であれば当然におこなえる業務です。けれども、日本財産管理協会による専門的な研修および認定を受けることで、より安心して業務をご依頼いただけるものと考えています。

司法書士による財産管理業務の概要(一般社団法人日本財産管理協会)

司法書士による財産管理業務

司法書士がおこなう財産管理業務は、司法書士法施行規則により次のとおり定められています。

当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱により、管財人、管理人その他これらに類する地位に就き、他人の事業の経営、他人の財産の管理若しくは処分を行う業務又はこれらの業務を行う者を代理し、若しくは補助する業務(司法書士法施行規則 第31条1号)

相続人からのご依頼による相続財産管理業務は、被相続人名義の相続財産を、遺産分割協議にしたがって各相続人に配分することが目的ですが、具体的には次のような業務がおこなえることになります。

・銀行預金、出資金等の解約(名義変更、払い戻し)
・株式、投資信託などの名義変更
・生命保険金、給付金などの請求
・不動産の売却

相続財産管理業務には、遺産分割協議における相続人間の調整をおこなうことも含まれます。つまり、相続財産管理人である司法書士から、各相続人に対して遺産分割協議案の提示をおこない、遺産分割手続きをすすめていくこともできるわけです(相続人間に争いがある場合を除く)。

なお、他人の事業の経営や他人の財産の管理若しくは処分を行う業務をすることができることが、法令で規定されているのは、司法書士および弁護士のみです。

遺産相続手続きや、相続財産管理業務のことは、司法書士にご相談ください。松戸の高島司法書士事務所へのご相談はフリーダイヤル.0112-022-918へお電話いただくか、お問い合わせ・ご相談予約のページをご覧ください。

司法書士業務賠償保険への加入について

日本財産管理協会による認定を受けるには、司法書士業務賠償保険に加入していることも条件の1つです。財産管理業務をおこなえることが、法令上も明らかになっていることにより、司法書士業務賠償保険の対象となっているのです。

当事務所では、すべての業務につき細心の注意を払って取り組んでおりますから、開業から現在に至るまで賠償責任保険の対象となるような事故は一度も発生していません。それでも、万一の場合の補償となる保険へも加入していることは、ご依頼者様の一層の安心につながるものです。

ご相談は松戸駅1分の高島司法書士事務所へ

松戸駅徒歩1分の高島司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせくださった、個人のお客様からのご依頼を大切にしています。すべてのご相談に司法書士高島一寛が直接ご対応しますから、安心してご相談いただけます。

ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。ご予約無しに事務所へお越しになっても、ご相談を承ることが出来ませんのでご注意ください。

ご相談予約は、フリーダイヤル(TEL:0120-022-918)にお電話くださるか、ご相談予約・お問い合わせフォームのページをご覧ください。

※ 松戸の高島司法書士事務所では、お電話のみによる無料相談は承っておりません